こんにちは。^^

寒い玄関の中で黒ネコ母さんは
まるで凍り付いたように
上がり口の板間の下に潜むネズミを
じっと狙って動かずにいました。

ほとんどその位置を変えないまま
時おりネコパンチを繰り出すときの
体勢に入ってみたり
寝そべるような格好をしながらも
眼だけギラギラ光らせていました。

そんな状態を
クロ母さんは
その後三時間以上も
続けていたのでした。

すごい根気力と集中力ですっ。

ネコに備わっている本能が
そうさせているのかもしれませんが
ここまでくると『執念』と
言った方が合っているような
そんな気がしてきます。^^

玄関戸の曇ったガラス窓から
射す微かな光も
氷に映る反射のような
ひんやりした明るさです。


・・・と、一瞬クロ母さんに
これまでにない変化が
ありました。

ひねるように返した
自分の一方の前足に
サッと顔を寄せたのです。

その時には、もうすでにネズミを
ゲットしていたのでしたっ。

すごいっ!早いっ!!
超・極ワザっ!

神ってる❗❗✨

まさに一瞬芸でしたっ!!!

よくぞ諦めることなく
見事、わたしの天敵・ネズミのチュー太郎を
捕まえてくれましたー!

拍手!✨👏 ^^ノノ゙☆パチパチ

警戒したネズミが動きを止めたあと
クロ母さんは気付かれないように
まるで上がり口の板間と同化したかのごとく
じっと息をひそめて頑張ってくれました。

まさに小さな狩人
さすがはネコですっ。

〜ネコにもよりますが・・・。(笑)^^;
(ФωФ)(=^ェ^=)(=゚ω゚=)


そしてクロ母さん
捕まえたネズミを
咥えたまま
急ぎの用でも思い出した
かのように
玄関戸を前足でせわしく
がりがりと掻き出した
のでした。

外へ出してあげると一目散
向かった先はなんと
薪小屋の中にいる
今はすっかり親よりも大きい
自分の子どもたちのところ
だったのでした。

そしてクロ母さんは
咥えていたネズミを
小屋の床下に置くと
節をつけたような
変わった鳴き声を
上げたのでした。

それを聞いたとたん
寝床用のこたつの中から
いっせいにデカネコたちが
全員飛び出して来たでは
ありませんか!

それはまるでクロ母さんが

「さぁ、いらっしゃい、みんな。
ごちそうを獲ってきましたよ〜🎵」

とでも言ったかのようでした。

普段は誰一匹自分のそばに
近づけさせないのに
獲物ゲットの本能が
突然そんな目覚めをさせたのかな・・・。

見ていてなんだか
不思議な気持ちに
させられました。

ネズミ君も、寒い冬を乗り越えるために
この家の中へ入りたかったのでしょうから
ちょっとかわいそうなのですけれどネ・・・。^^:

ネズミ君、うちの天井裏より
もっと高いところにある天国で
好きなだけ走り回って遊んで
下さいナ・・・。😇^^

ほかのネコたちの脇を通り抜けて
クロ母さんは玄関前にやって来たので
みんなに気付かれないように
そっと中へと入れてあげました。

凍ったようにすっかり
冷たくなっていたエサを
夢中で食べたあと
クロ母さんは寝床の
段ボール箱の中に潜り込み
その後、丸一日以上
まるっきり死んだようになって
眠っていたのでした・・・。^^;


こうしてクロ母さんがネズミを
獲ってくれたおかげで
今現在、家のどこにもネズミの
気配はまったくありません。

天井裏や壁の間から
ドタバタ・ガリガリ等の騒音が
発生することも無く
静かな冬の日々を
過ごせています。^^

家の外壁周りに張り巡らした
氷雪バリアーも溶けることなく
ガッチリと隙間をガードして
くれています。

クロ母さんが居てくれて
氷雪バリアーが溶けずに存れば
春までネズミの出る心配は
ゼロパーセントであります。^^🎵


クロ母さん、その後深い眠りから
目覚めたあと
ふたたび深い雪をひたすら漕いで
畑の向こうの牧場へと
はやる気持ちを抑えんばかりに
トットコ歩いて行きました。

そして一日おきごとに
帰って来たり、また行ったりの
フシギな行動を繰り返しています。^^❓

こんな寒い極寒地域で(笑)
しかもこんな一番寒い時季に
畑に積もった深い雪の中を
1キロメートル以上も
ひたすら漕いで歩いて
行ったり来たりするなんて・・・。^^;

先日の朝なんかは
全身雪まみれになって
玄関前でブルブル震えて
いたのでした。

体じゅうの毛に一面
まるで白い鎧(よろい)を
まとったみたいに
雪の固まりがガッチリと
付いて固まって
長いしっぽは雪の棒みたいに
なっていました。(苦笑)^^;

プチ低体温症になってしまったみたいで
しばらくぶるぶると震えていましたから
もう懲りて行くことはないだろうと
思っていましたら〜
今朝、また行ってしまいました。^^;

周りをキョロキョロっと見回したあと
吹きだまりで硬く締まったところを
選ぶようにして
真っ白な畑の雪の上を
一心にひたすらトコトコと短い足で
小走り気味に歩いて行きます。

と思っていたら
雪の柔らかいところで
ずぼっと埋まって
姿が見えなくなったり・・・。^^;

そこまでにして・・・いったい向こうに
何があるというのでしょうネ?。^^

イケメンのボーイフレンドが
待っているのかなっ(’-’*)♪

それとも、ネズミ・ハンターとして
お向かいさんでも歓迎されて
いるのかな(^-^*)♪


果てしないほどに広い畑。
その真っ白な雪の海の中を
今日もクロ母さんは
懸命に漕いで渡って
駆けて行きます。

白一色に 今にも呑まれて
消え入りそうな
黒い 小さな ひとつの点。

見上げれば
まっ青な空。

きっと今 わたしと
お天とうさましか
見つめていない
この 広い静かな
名も無い雪の一舞台で
アスリートさながらに
小さな いのちが
とても 元気に
アツく燃えていますっ!✨^^


2月の まだまだ冷たい
風と光です・・・。
      
         (おわり)


スポンサーリンク


 カテゴリ
 タグ